純正インクはやっぱりいいね



自分は純正インクを一時期は馬鹿高いだのなんだのと批判していた身ですが、ついこの間久々に純正インクを使ってみたら、非常にいい出来で印刷物が仕上がって、驚きました。
互換性のものだったら、結構色合いなどにむらが出ていたり、よくよく見ると薄いかなあってところが、ポツポツとありましたが、純正インクはそんなところ今現在、使い続けて1週間ぐらいですが、ありません。

やはり純正は純正なりに合っていてむらがないようにしているんでしょうか。
高い高いとはいいますが、やっぱりこういうところは純正じゃないとって感じになりますね。

そうそう、先日プリンターが突然使えなってしまうトラブルがありました。
色々調べてみたら、どうやらオフライン状態になっていたみたいです。
たぶん気づかないうちにどこか触ってしまったんでしょうね。

話は戻りますが、値段に見合っただけの商品価値はありがたいです。でも、そう頻繁に使い続けていたら、財布のそこが見えてきますので、そこら辺は互換性インクとの切り替えを行ったりして応相談ですね。
ひとまず今はこの感動を感じているうちにどんどん使いたいと思います。使い切ったら、その時の財布状況によりけりですが、また純正を買おうと思います。